歯周病治療

日本人に一番多い歯の病気~歯周病~

「ブラッシングすると歯ぐきから血が出る」
「歯が長くなったような気がする」
「歯ぐきがブヨブヨする」
「口臭が気になる」
「歯がぐらつく」

このような症状があった場合、歯周病かもしれません。

日本人に一番多い歯の病気~歯周病~

歯周病は日本人が歯を失う原因の第1位であるとともに、約8割の成人がなっているかその予備軍だといわれている病気です。プラークに棲みつく歯周病菌が毒素を出して歯周組織を破壊、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。歯周病は初期での自覚症状がほとんどないので、上記のような症状がある時点ですでに重症化している場合がほとんど。早めの治療が必要になります。

歯周病と全身疾患の関係

歯周病と全身疾患の関係

歯周病は、放っておくと歯を失ってしまうだけでなく、歯周病菌が血液を通じて心臓や肺などの臓器に移り、糖尿病や心臓病、肺炎、動脈硬化、早産など、全身疾患を引き起こす可能性もあるといわれています。歯周病は、早期であれば簡単な治療で済む病気。たかが歯周病と放置せず、歯周病らしき症状がありましたら、すぐに受診しましょう。

歯周病の進行段階

歯肉炎

歯肉炎

歯と歯の間や歯と歯ぐきの間にたまったプラークや歯石が原因で歯肉が炎症を起こした状態。歯肉が赤く腫れ、ブラッシングなどの刺激で出血しやすくなります。

軽度歯周炎

軽度歯周炎

歯肉が大きく腫れます。深くなった歯周ポケット内にプラークや歯石がたまり、炎症も進行。顎の骨が徐々に溶け、歯がぐらついてきます。

中等度歯周炎

中等度歯周炎

歯周ポケットがさらに深くなり、炎症も進行していきます。顎の骨がさらに溶け、指で押すと歯がぐらぐらしてきます。歯肉がブヨブヨに腫れ、膿が出ます。口臭もひどくなます。

重度歯周炎

重度歯周炎

歯肉が真っ赤に腫れ、膿や出血の量が増えて悪臭を放ちます。顎の骨が半分以上溶け、歯根が露出。歯を維持できなくなり、最後には抜け落ちます。

精密な歯周病検査

当院では患者様の口腔内環境をしっかり把握し、的確でスムーズな歯周病治療を行うため、歯周病検査に力を入れています。

ポケット検査

「プローブ」という器具を使って歯1本に対し、6箇所のポケット検査の深さを調べます。ポケットが深いほど進行していることを示します。また、プローブを歯周ポケットに入れたときに出血するかどうかも歯周病であることの指標になります。

歯の揺度の検査

歯周病検査を行う周辺の歯をピンセットでつまんで動かし、ぐらつきを調べます。ぐらつきの大きさで歯周病の進行度合いがわかります。

レントゲン検査

肉眼で見えない顎の骨をレントゲンで検査します。歯周病は進行すると顎の骨が溶けていく病気なので、レントゲン写真で骨が薄くなっていれば進行していることになります。

神之木歯科医院の歯周病治療

歯周ポケット掻爬(そうは)術

軽度歯周炎の外科的処置。歯ぐきに麻酔をして歯周ポケットの中のプラークや歯石を除去します。肉眼で確認できない手術なので、技術が求められます。

フラップ手術

歯周病がかなり進行した場合に行う外科的処置。歯ぐきを切開して顎の骨から剥離。露出した歯根のプラークや歯石を除去したり、感染した歯肉などの組織を除去したりして、歯肉を健康な状態に戻します。

歯周組織再生療法

歯周組織は原因除去のあと回復していきますが、歯肉と顎の骨では、歯肉に比べ顎の骨の回復スピードは遅くなります。その場合、本来顎の骨が再生すべき場所に歯肉が入り込んでしまう場合があります。それを防ぐため、当院ではGTRとエムドゲインという治療を行っています。

GTR

GTR

骨の再生させる場所に歯肉内にメンブレンという人工の膜を設置し、骨が再生するためのスペースを確保しながら骨の再生を促します。治療後はメンブレンを除去する手術を行う必要があります。

エムドゲイン

GTRと同じく、失った骨を再生する方法。骨の生を図りたい場所に、エムドゲインゲルという薬剤を注入して骨が再生するためのスペースを確保しながら骨の再生を行う方法。薬剤は体内に吸収されるので、メンブレンのような除去手術は不要です。

エムドゲイン

エムドゲイン

エムドゲイン

エムドゲイン

エムドゲイン